留学でハングリー精神を学ぶ

subpage01

日本人はよく働くと思っている人は多いでしょう。


勤務時間が長い、勤勉、真面目、従順、これが日本人のサラリーマンに対するイメージです。

しかし、これはもう古い時代の考えです。アメリカの一流ビジネスマンは、日本人以上に働きます。

今、最も注目を集める教えて!goo情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

残業などという概念がないほど仕事一筋です。

土曜も日曜も関係なく、自分の仕事を全うするためには夜中まで働きます。

理由は、いつ解雇されるか分からない厳しい世界だからです。

日本のように、一旦正社員で採用されれば、犯罪でも起こさない限り解雇はされない、という環境ではありません。
どんなに一流大学を出ていようと、会社に貢献できない人間は迷わず解雇されます。
常に切磋琢磨して自分を磨き、会社に貢献することを考えていなければ、職を失ってしまうのです。



留学を経験すれば、こういった現実を目の当たりにします。
会社に入ったからといって、ぬるま湯に浸かっているようにダラダラと与えられた仕事だけをこなしていてはいけない、という現実を知ります。
そして、その留学経験は、必ずや就職してから役に立ちます。


同期の他の人間とは違う、ハングリー精神がある、と思われます。


学歴に関係なくそういう人材は会社から重宝されます。



終身雇用制、定年制さえも崩れつつあるのが現在の日本社会です。

留学により、事なかれ主義の日本人の中で抜きんでた存在になれば、会社の重要ポジションに就くことは間違いないでしょう。

チャンスがあれば、留学で世界を知ることをお勧めします。